新入社員で勤続年数ゼロでも3万円借りられる?

今すぐ3万円借りるならこの消費者金融!

今すぐ3万円借りたい!でも3万円も貸してくれる友達はいないし。。。そんな時は消費者金融のキャッシング!あなたにおすすめの借りやすい消費者金融をご案内しています。
今すぐ3万円借りる > 3万円借りたい > 新入社員で勤続年数ゼロでも3万円借りられる?

新入社員で勤続年数ゼロでも3万円借りられる?

金欠の新入社員

誰でも、給料日は待ち遠しいものですよね。

特に新入社員になって最初のお給料をもらったときには、本当に感動した、と言う経験を誰もがお持ちなのではないでしょうか?給料日はやっぱり、とてもうきうきするものです。

でも、新入社員にとって最初の一ヶ月は、試練のときにもなります。入社する前にお金のかかることが多く、最初の給料日までの生活費のやりくりに困ってしまう、と言う方もおられるでしょう。

例えば、新しくスーツや革靴を買ったり、引越しをしたり、また交通費が思ったより高額だったりと、意外とお金のかかることがたくさんあります。

「あと3万円あれば何とかなるのに〜。」

そう思う瞬間もあることでしょう。最初の給料日までにすぐにでもお金を借りたい。そんな方の強い味方が、消費者金融です。

 新入社員で、勤務年数が0年なのに、金融会社からお金が借りられるんだろうか?と、不安に思いますか?

結論から言えばほとんどの場合、新入社員でもきちんと会社に在籍していることが確認でき、審査を通過できれば融資を受けることが出来ます。

普通、高額の融資には収入証明書類が必要です。収入証明書類とは簡単に言うと、昨年の年収がどれくらいあったのかを証明する書類です。転職の場合はこうした書類を準備することが出きます。ですが、新卒で学校を卒業した場合は、当然ですが準備できません。ですが、心配する必要はありません。普通、生活費をまかなう3万円程度の融資ですと、収入証明書類が必要ではない金融会社も存在します。

  例えば、消費者金融大手のアコムやプロミスですと、3万円程度の小額融資は、審査に通れば収入証明書類なしで受けることもできます。

銀行系のカードローンですと、楽天銀行のカードローンですと、条件次第では200万円までは収入証明書類なしでも、審査に通れば融資を受けることが可能となっています。

  新入社員で最初の一ヶ月は誰でもやりくりが難しいものです。生活が軌道に乗るまで、消費者金融でお金を借りて最初の給料日がきたらすぐに返済する、と言うように、賢く計画的に利用し、明るい新社会人としての第一歩を踏み出してください。


関連記事

明日までに3万円借りたい。借りるならどの消費者金融がいい?
3万円ほどどうしても必要で、明日までになんとか3万円借りたい。借りるならどの消費者金融がいいのか。おすすめはやはり即日審査、即日融資に対応しているところですね。
パート勤めの主婦でも3万円借りたい時に消費者金融で貸してもらえる?
パート勤めの主婦でも3万円借りたい時に消費者金融で貸してもらえるのか?パート主婦だから収入も少ないし、キャッシングは無理じゃないか?そう思うのも無理はありません。でも
派遣OLや契約社員でも3万円消費者金融で借りられるの?
「派遣社員でも3万円消費者金融で借りられるの?」消費者金融では毎月安定した収入がある方なら派遣社員でも審査に通過して借りられるところが多いようです。
アルバイトが3万円借りる際のおすすめ消費者金融は?
アルバイトの方が3万円借りる際のおすすめ消費者金融は、初回限定のキャンペーンを行っているところがよいでしょう。30日間無利息、5万円まで180日間無利息など、条件を満たせば3万円が無利息で借りられるところもあります。
専業主婦でも消費者金融で3万円お金を借りられるのか?
貸金業法が変わり、専業主婦の方はご自身に収入がないため、無職の方と同じようにみなされ、消費者金融から融資を受けることが非常に難しくなりました。しかし銀行のカードローンの場合は
新入社員で勤続年数ゼロでも3万円借りられる?
新入社員で勤務年数が0年なのに、消費者金融のキャッシングでお金が借りられるんだろうか?と不安に思う方もいるでしょう。3万円ほどの希望額なら新入社員でも審査に通れば借りられます。
在籍確認で会社にバレずに3万円借りる方法は?
最近の消費者金融は借入が会社にばれないように最大限配慮をしてくれます。あなたがお勤めの会社に電話確認するときには、消費者金融の名ではなく個人名でかけ、知人のふりをしてくれます。
スマートフォンで3万借りる〜iPhoneやスマホから3万円借りられるの?
スマートフォンで3万借りることも今は可能です。iPhoneやスマホから3万円借りられるのかと疑問に思うかも知れませんが、消費者金融のキャッシングの申込みも今はスマホや携帯電話からというのが主流なのです。